室町和久傳でランチをいただいた






11月の紅葉見物の際に室町和久傳を訪問。

吹き抜けの開放感のあるカウンター席に座り。
竹酒を一口いただいた後...


一品目は「小かぶの焼きびし 酢味噌和え」 酢味噌の下には帆立も隠れていた。


次は「鯖の炙り寿司」脂の乗った鯖を炙り。芳ばしく酢飯とも良く合い美味しい。これは竹酒が進む。
付け合わせは菊のおひたし。

椀 は「蟹とたたき長芋」たたいた長芋と蟹。出汁の味を引き立てる淡泊な組み合わせ。

お造りは「まぐろとぐじ」薬味は茗荷、紫蘇、山葵、青のり。ぐじの食感がたまりません。

焼物は「鰻の白焼き 実山椒醤油がけ」皮はパリパリ 身はほっこり 美味しい。これまた竹酒が進む。

「柿、おくら、芋茎 のごま和え」やさしいお味でお口直しになりました。

「丸大根と舞茸 すっぽんスープ仕立て」良いお出汁が出ている。

ご飯は丹後の新米。子持ち鮎の佃煮も柔らか。

水物は「ピヨーネと冬柿」

菓子は「栗と小豆のくず焼き」出される直前に焼かれ。温かい。

最後は「黒豆のお茶」

町家を改装した店内のインテリアはモダンな感じで素敵。
お昼は6,900円 / 9,200円 / 11,500円があり今回は真ん中を選びました。
お店のサービスはホテル風で丁度良い距離感があり。
観光客でも訪れやすいお店でした(o´з`)


111119