冬の軽井沢 万平ホテルでディナーをいただいた + ライトアップ見物

冬の軽井沢、食べ歩きとライトアップ見物の旅に出かけた


まずは万平ホテルのディナーから
今回は軽めの「くつろぎ」コース をいただいた。

この素敵なメニューカードのデザインは大正時代から使われているそうです。

食前酒はシャンパンベースのキールロワイヤルと
ペティアン・ド・リステル(信州りんごジュース使用)

前菜のオマール海老と帆立貝のサラダ オーロラソース
すこし生の食感も残した火通しは完璧で美味い(´н`)

ライ麦全粒粉のパン&うるち米と糯米を生地に練り込んだパン

野菜と下仁田こんにゃく入りコンソメ

鱈のムニエル ベルシーソース

国産牛フィレ肉のグリル シャンピ二オンソース
肉汁の溢れるフィレ肉とソースの相性も良くこれは美味だった(๑˃̵ᴗ˂̵)و

肉にあわせてグラスの軽い方の赤ワインも追加

デザートは柿と梨と苺のフルーツとロールケーキにアイス

最後にコーヒーをいただきコースは終了
スープ以外はクラシックホテルらしいオーソドックスな感じのお料理でした。

他にお客様もおられたので写真は撮れませんでしたが
歴史あるメインダイニングはなんとも素敵な空間。
その雰囲気を楽しみながら食事を満喫しました(ღˇ◡ˇ)

BGMは電子制御式の自動ピアノによる演奏

食後に外を見ると雪が舞っていた




おまけ

食前に観光タクシーを1時間ほど借りてライトアップ見物に出発。
当日の気候は薄晴れが夜から雪になり、見物中の気温は-4℃
防寒完備の服装でも風にあたると寒さを感じた|-`).。oO

しかしキリリと冷えた空気でライトアップの輝きがより増していた気も(๑˃̵ᴗ˂̵)و

最初は矢ケ崎公園

次は軽井沢高原教会周辺のライトアップ
たくさんのランタンが置いてあり、照明が暗い石の教会を見学する際には
懐中電灯代りに自由に持ち歩くこともできる。

シックな色合いで都会的なクリスマスツリー
人出が多く、なかなか近づけなかった(^_-)-☆

このあたりで時間切れ、夕食の時間が迫り万平ホテルに戻りました。






141231